平成28年 9月定例会(第6日 9月13日)

議席番号26番,市民クラブの大西克美でございます。
 最終日の午前中の小トリでございますので,性格と同じように今回は,ソフトな質問をさせていただきますので,よろしくお願いいたします。
 リオオリンピックは盛会に終え,過去最高のメダル数を獲得し,その後の現在開催中のパラリンピックでも,日々,日本選手団の頑張りに感動の涙が自然と流れ,知らぬ間に大きな拍手をしていたのは私のみならず皆様方も同様だと思っております。日本代表の出場選手全員と同行されている関係者の方々に心からお疲れさまの言葉を申し述べたいと存じております。
 さらには,来る2020年の東京オリンピックの開催の待ち遠しさが日ごとに増し,今回以上の活躍の期待と無事故で滞りなく閉会する責任の重さが入りまじり,複雑な思いがあります。フェアプレーなスポーツ精神の公平公正と10代で活躍する選手を鑑み,青少年の育成のとうとさをつくづく感じております。
 このような公平公正と青少年の育成等々の観点から,1点目は給食費の未納について,2点目は公共のAED設置について,3点目は不登校生徒への学力支援について,大きく3点について質問をいたします。
 まず,1点目の給食費の未納問題について伺います。
 中学校給食が末松市長の念願により,新たに平成27年より実施されておりますが,小学校30校,中学校10校における未納金について現況をまず伺います。